2017年1月17日火曜日

院内で人工呼吸器と排痰補助装置の勉強会を実施

医療ネタです。

冬将軍が暴れています。大雪警報等の発令されています。しばらくは、降雪予想には注意が必要です。
在宅医療に従事されている皆さま。降雪による倒木、停電なんてこともあります。ご注意ください。

たまには医療ネタを書かねば。

先日 院内の看護師さんから、医療機器の勉強会依頼を受けました。入院中の患者さんが使用する在宅用人工呼吸器を知りたいとのこと。

はい 喜んで(^^)/

今回患者さんは、こちらの組み合わせで退院されます。

えっ トリロジーにコンフォートカフ

そうなんです、通常 トリロジー君を選ぶ場合の排痰補助装置はE70になるのが多いのですが。

今回 コンフォートカフの中でも、1個上の機種。
「コンフォートカフ plus」 
パーカションモードを持っています。

まだ、このパーカッション機能が、どのような疾患。どのような患者さんに有効なのか、分からない面もあります。フェイスマスクが上手く使えないことも想定しての、機種選択です。


勉強会では、参加者に体験してもらいました。

おおよそ1時間の勉強会。参考になりましたでしょうか。



2017年1月9日月曜日

iPadtouchのkindleが音声読み上げできる( ゚Д゚) 知らなかった

独り言です。

今 色々 文章作成作業しているのですが、嫌になって・・・。ネットサーフィン(死語)

以前から通勤時間の40分×往復がもったいないと思っていたのです。
当然、車内ではラジオでニュースを聞いたり、好きな音楽を聞いていました。

以前からオーディオブックには興味があったのですが、そこそこ金額が高いのです。実際に上手くいく不明だったことから、躊躇していました。

で、たまたま、 iPadtouchでkindle 音声読み上げできるんじゃない?と思って調べたら。
普通にできようです。
えっ もっと早く調べれば良かった。


以前からiOSで可能だったようです。iOSのバージョンが上がるにつれて、使い勝手が向上したようです。

これでkindleの書籍をオーディオブックできる。行き帰りの車内で読書?ができるぞ


私は以下のサイトを参考に設定しました。

成功への試行錯誤な日々。。

Kindle本をiPad・iPhone上で音声読み上げ(オーディオブック化)する方法 



2017年1月8日日曜日

今年の臨床工学技士国家試験まで2か月を切りました

独り言です。

学生の皆さん。年末年始は勉学に励みましたか。

今年の臨床工学技士国家試験は3月5日。
あと2か月を切りました。
合格発表は、3月28日。

インフルエンザ等に罹患せぬよう、体調管理にご注意下さい。

私は締め切り日を過ぎた抄録、、、今 頑張っています(涙)
ブログを書くことで、現実逃避(笑)


2017年1月5日木曜日

年末年始に購入したモノは、毛玉取り器とスキーブーツ

独り言です。

仕事始め・・・ 体がダルい・・・。
訪問診療でお伺いしている患者さん、年末年始は大きな体調不良なく過ごせたようです。
良かった(^◇^)

みなさんは、初売りで何か購入しましたか?我が家は今年は福袋の購入を見送りました。

かわりと言ってはなんですが、思い付きで・・・私が2つ「?」なアイテムを購入しました。
一つは、毛玉取り器


今まで使っていた毛玉取り器は300円位。
年末に経年劣化で破損。

私のマフラーには大量の毛玉が( ゚Д゚)
この毛玉を取ってから、クリーニングに出したい!!
近所のホームセンターで見つけた980円の毛玉取り器を購入!!

 
金額が3倍。性能は・・・ おぉ~すげぇー
毛玉取り面白い!!楽しそうに毛玉取りをしている私は、妻から笑われました。

もう一つは、スキーブーツ。

私が使っていたスキーブーツは、SALOMON(サロモン)。
既に15年以上が経過。そう考えると、十分に使った。厳密に言うと、まだ使えるのです。
ただし、ブーツ自体の強度があり、私の脚力では履けなくなりました。確かフレックス105だったような・・・違ったかな。
Salomonブーツを履いていた頃は、スキー場でバイトをしていた時代です。
一番スキーが上手かった・・・と思う。

固いスキーブーツは諦めて、柔らかいブーツへ変更。
今回のブーツは、NORDICA(ノルディカ)
フレックス 50
税込 約¥20000円

インターネットで検索すると、安いブーツはあるのですが、
実際に履かないと分からない。


履いた瞬間に 柔らかい そして、暖かい\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?
今までのスキーブーツが硬く冷たかったのだ

あとはSALOMONブーツの中からイン・ソールを出して、、、NORDICAに移植。
既にヘロヘロになっているかもしれませんが・・・。
子供が上手になって上級者コースを滑るようになったら、イン・ソールだけ作ってもらおう。

今もイン・ソールはSIDASが有名なのかな。
イン・ソールの作成だけで、ブーツの金額を超えそう(^^;




2017年1月3日火曜日

私見です。臨床工学技士の30年先を考えてみた

独り言です。


明日からの仕事始めを前に、ここ数年思っていることを書いてしまおうと思います。

私見ですので、あくまでも参考として。

私はあと20年くらいで年齢的にリタイアすることになります。

今20代の臨床工学技士や学生のみなさんは、40年くらいは臨床工学技士で給料を頂くことになります。そもそも、現行の医療保険制度では、これからの高齢化社会を支えきれないため、消費税等の引き上げによる補填や保険料の値上げ等が実施されるのではないかと予想しています。(一部ではすでに行われている)

若い臨床工学技士が医療業界で未来を期待できるのかな ・・・というのが、私が思っていることです。
あぁ~ そんなことを考えるなんて、オッサンになったな。

今の臨床工学技士の業務体系が心配な理由は大きく2つ
1.働く場所が無くなる
2.仕事が無くなる


1.働く場所が無くなる
・病院の減少
・医療機関の倒産

考えたことありますか?
 
 

 出典

厚生労働省
平成26年
医療施設(静態・動態
踏査・病院報告の概況

  http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/iryosd/14/dl/gaikyo.pdf

 上記PDF

 医療施設数の年次推移より








  入院施設を有していない無床一般診療所は増加傾向にありますが、病院は減少傾向になります。

また、近年では医療機関の倒産することもあります。



出典

帝国データバンク
医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査
https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/p160101.html

 上記PDF


左のグラフが医療機関の倒産件数です。
2015年が一番少なくなっています。詳しくは、帝国データバンクのPDFをご参照ください。
2016年の診療報改定後の様子が分からないこと。そして、医療機関の場合は倒産後のM&Aがあり得るからと書いてあります。
地域医療を担う医療機関が倒産すると、その影響は図りしれません。

私が現在勤務している地域でもM&Aの事例があります。



2.仕事が無くなる

・日本の人口減少による患者数の減少
・透析患者さんの減少
・他の職種による医療行為範囲の拡大

多くの臨床工学技士が従事している人工透析は今後患者数の減少が予想されています。

日本工学技士連盟理事長 簾(れん)さんのHPより

2015年11月14日「透析患者さんの推移とCEの推移」


透析患者さんの減少は、「人工透析」による医療機関の収入源が減少します。
経営難に陥る透析クリニックが出る可能性があります。

総合病院で臨床工学技士が必須と言われる状況は限られてきます。臨床工学技士がいることで、得られる診療報酬の項目は限られています。


看護師は特定行為に係る看護師の研修制度が始まっています。

人工呼吸療法では血液ガス測定を看護師が行い、設定変更、抜管まで行う・・・。
そう遠い未来ではなさそうです。


悲観的なデータばかりですみません。
簾さんのHPを見ると、臨床工学技士の資格保有者数は推定5万人ほど。
看護師は約108万人(出典:厚生労働省 2014年衛生行政報告例)

今年4月に臨床工学技士デビューをする方々は21歳から22歳でしょうか。
そんな皆さんが50歳になるころ、臨床工学技士の名は残っているでしょうか。
そのころ私は、年金受給者になっているのですが、もらえないだろうな( ノД`)シクシク…

今日のブログでは、具体的な対応策までは書けませんm(__)m

年末年始に私は1年・5年・10年と考えていました。
正直10年以上先は分からないのです(笑)

これから臨床工学技士を目指す若い世代が、30年後も活躍できるように微力ながら頑張りたいと思います。


この記事1本45分くらいかかりました。
文章考えて、資料探して、グラフを加工して、出典元まで書いて。
昨年末に某サイトが記事のねつ造で等で炎上しましたが。
自分で調べて書くのは、大変な労力です。