2017年3月18日土曜日

提出書類を片っ端からやっつける!!

独り言です。

世間は楽しい3連休でしょうか。

私は楽しくない3連休ですOrz

今日は1日 どこに行っても 原稿書きます。


そのために、Bluetoothのキーボードを買いました。

でも、最近 iPadtouchの音声入力で文章を書いた方が早いことに気がつきました。

考えたことを話すだけで、そこそこ、文章になります。ところどころで えぇ~っとなんて言うと、そのまま記事になってしまいます(笑)

今日は、出先で書くので、Bluetoothキーボードですね。

今日は3時から書いてます。

みなさん 良い週末をお過ごし下さい。

2017年3月11日土曜日

東日本大震災から6年。在宅人工呼吸器の停電対策を少しずつでも前進させたいです

医療ネタです。

多くのご縁を頂き、今も在宅人工呼吸療法に従事しています。
もう 急性期対応の知識はUpdateされていないので、役に立たないかもしれません。

代わりに 慢性呼吸不全に深く携わっています。中でも実際の在宅で使用中のNPPV等で経験した知識は少しずつでも 皆さんに還元できたと考えています。

東日本大震災から6年。

また いつか起こるであろう震災に備える必要があります。

今年 青森で開催される日本臨床工学会。
初日の災害対策委員会のワークショップ「在宅人工呼吸器における災害時の電源対策について」で話をさせて頂きます。

この災害時の電源対策については、何を電源に使うか?と誰が準備するか?がポイントです。
メーカが推奨するバッテリーだけでは、長時間停電では対応が難しいです。
では、発電機は? 人工呼吸器メーカは、安全上の問題から「メーカ推奨」できません。
そもそも、発電機は置けるのか? ガソリンとガスボンベどちらが良いのか?

自動車から電気取る方法は有効か? 車を持っていない場合は? 自家用車や協力して頂ける方の車があった場合、何メートルくらいまで延長ケーブルを伸ばせるのか?

老々介護の現場で、在宅人工呼吸器を使用している場合。誰が何をするのか?

そんなことを考えるなら、医療機関に避難した方が良いのではないか?
医療機関側とした場合、外来に避難してきた在宅人工呼吸器を使用中の患者さんに電力供給する余力はあるのか?

在宅人工呼吸器ばかり気にしているが、在宅酸素療法の高流量と併用している場合は?

在宅人工呼吸器+在宅酸素療法+在宅中心静脈栄養療法で排痰補助装置も使っています。どうやって避難しますか?(これ、実際に私が経験した最重症ケース)

まだ、これらの課題をクリアできる魔法の杖はありません。

少なくとも、私たち臨床工学技士が、実際の在宅の現場で使用している医療機器を確認した上で停電対策を実施する必要はあります。

この部分には特別は診療報酬は付いていません。

この部分に光(診療報酬)を当てることができれば、まだ増加すると予想される在宅人工呼吸器の分野に臨床工学技士が携わることができると考えています。


平成29年度の公休をGoogleカレンダーに仮入力しました

独り言です。

えぇ~ 平成29年度は大変です。

・平成29年度は医師の体制に伴い、在宅医療の形態を変化させなければなりません。

・平成29年度、平成30年度は小学校のPTA役員をやることになりました。

・平成29年度中に40歳になりますOrz


国家試験の合否発表を待っている皆さま 期待を不安に胸がいっぱいなことでしょう。

私は残された時間を計算して、次の一手 二手を考えています。
結婚して、自分の経験値があがると社会的な責任も発生します。
それは職場でも家庭でも同様です。

で、平成29年度の色々な活動をするためには「時間管理」が重要と判断。
ここ昨日・今日で2017年4月1日~2018年3月31日までの公休や学会参加などGoogleカレンダーに入力。学会は分かっているものは平成30年度も入力済み。

PTAの会議に出席するためには夕方から2時間有給を頂き、出席するしかない!!
たぶん 学会等の参加と子供たちの急な体調不良を考えると有給休暇が足りなくなるかもしれません。その時は、欠勤|д゚)

風邪を引いてる暇はありません!!



2017年3月9日木曜日

第30回臨床工学技士国家試験お疲れ様でした

独り言です。

先日 5日に臨床工学技士 国家試験がありました。
受験生のみなさま お疲れ様でした。
既に自己採点を終え、一喜一憂しているかもしれません。

この時期になると、あぁ~私も歳をとって「若いものは・・・」とか、「私のころは・・・」とか、言いたくなります。が、言わないようにしています(笑)

もう一つ 思うことがあります。
過去私のブログでも記載していますが、あと10年後・20年後に臨床工学技士は「仕事」があるのか?

私は自分の子供の成長と重ねて、うちの子は何を仕事に選ぶかな・・・。
我が家は夫婦で臨床工学技士という変わった家庭ですが、親の仕事をやりたいと思うかな?
少なくとも、恥じない仕事であるべく日々精進したいと思います。

ということで、4月から新社会人として医療現場に入る皆様。
私たちが取り扱う医療機器は、ボタン操作一つで重大な事故になり得る代物です。
心して 踏み込んで下さい。

今年の日本臨床工学会は、青森県です。
新卒で右も左も分からないと思いますが、近隣の方はご参加下さい。

今年はワークショップで一演題。
とあるポスターセッションの座長を担当させて頂きます。

2017年3月3日金曜日

第22回呼吸療法認定士 認定講習会実施要領の配布が始まりました

医療ネタです。

おはようございます。今日は朝方の管理人です(・ω・)ノ 
早く寝ると、朝 目が覚めるのが早い!! それ以上は語りません(笑)

3月1日から呼吸療法認定士の認定講習会実施要領の配布が始まりました。
ダウンロード終了は3月31日 17時までです。

第22回認定講習会実施要領(申請書類)のダウンロードを開始いたしました。


で、4月17日 8時から特定記録郵便で送付となります。

上記HPの「注意事項」に記載されいますので、参考に一部を抜粋。
-----------------------------------
*申込受付は『特定記録郵便』での郵送のみ。事務局に直接持込むものは受付ません。

* 「受取拒否」で返送するものは次のとおりです。
    ・「特定記録郵便」以外で提出された申請書類
  ・受付期間外に郵送した申請書類

※受付期間外とは:4月17日(月)午前8時前 の差し出し時間の申請書類
  (例:午前7:59、午前00:00など)
  ・定員超過後に郵送した申請書類

*定員に達した場合は、受付期間内であっても申込み受付を終了いたします。

*申込みについては、2017年4月17日(月)午前8時以降に郵便窓口へ申請書類を持参し『特定記録郵便』で差し出した時間が早い順から受付けることとなります。申し込みを予定している最寄りの郵便窓口の営業時間および『特定記録郵便』の取扱いをしているかを事前に必ず確認して下さい。
-----------------------------------

今年 講習会を受講される方は、書類を完璧に作成して、4月17日 8時郵便局の窓口に並んで、特定記録郵便で出しましょう。

4月17日 寝坊したら、きっと定員超過で受講できません(^^;